オススメできないスムージーレシピ

雑誌やネットなどでスムージーのレシピが紹介され、スムージーのレシピ本もあり、スムージーはどんな組み合わせでも美味しい!と唱われたりしていますが、生野菜と組み合わせたスムージーは、スムージー初心者には美味しいものではないと思います。
生野菜は、野菜の香りが強いので、野菜が苦手な人や、サラダは好きな人でもスムージーにした途端、美味しくないとなってしまいます。
スムージー12

生野菜をスムージーに入れると美味しくないと感じる一番の理由は、香りです。

飲んだ瞬間に生野菜独特の香りが鼻から吹き抜けていき、野菜が嫌いな人はなんとも言えない不快感になるでしょう。好きな野菜だとしても、香りがきつくなり、スムージーにしたら飲めないこともあるのです。

 

小松菜やほうれん草、レタスなどはよく臭みもあまりないので、グリーンスムージーに用いられることが多いと思いますが、生の小松菜やほうれん草、レタスはスムージーとして細かく砕かれることで、野菜の香りが強くなってしまいます。
スムージー13
小松菜とバナナと水のスムージーやほうれん草とりんごと豆乳など、王道のスムージーレシピは、簡単で美味しそうなイメージをもたれがちですが、実際は生野菜の香りが強いです、また一緒に入れるフルーツも完熟した甘みのあるフルーツでない場合、スムージーも甘くなりませんので、飲みにくいスムージーになってしまいます。

フルーツが入っているから美味しくなると思っていたら、美味しくなくて捨てるハメになってしまうかもしれません。

 

家庭で理想のグリーンスムージーはなかなか難しいものです。
スムージーに生野菜と熟していないフルーツを使用することはオススメしません。健康にも美容にもいいアボガドスムージーを作ってみたら

せめて生野菜の場合は湯がいて臭みを消してから少量ずつ使用すると良いでしょう。

スムージー14
色々なスムージーのレシピがありますが、色々試して自分に合った美味しいスムージーレシピを見つけたいものです。